ミニマリストが貧困層なのにSNSで自慢するからウザいという話

rustic-334080_640 

昨年ころからよく耳にするようになった「ミニマリスト」という言葉に対して、「それは単なる貧困層のヒステリーではないか?」という趣旨のブログ記事がありました。

ミニマリスト()は醜い貧困層のヒステリー 今すぐ投薬とカウンセリングを
http://xevra.hatenablog.com/entry/2016/01/01/214450

これを読んで、確かに一理あるかなと思いました。

ちなみに、私は完全なミニマリストではありませんが、なるべくシンプルに暮らそうという意識を持っているため、私自身は準ミニマリストの立場です。



ミニマリストになるキッカケ

実は私も学生時代にバイトを辞めてしまってお金がなかった時、古いパソコンのパーツや使わなくなった楽器や聞かなくなったCDなどをヤフオクで売っていた時期がありました。

その際に家がすっきりして、物を持たない生活に快適を覚えるようになったのですが、思えばその時が今で言うミニマリストに近づいたキッカケだったと思います。

以降は必要なものはパソコンに保存。あるいはネットから入手して物を手元に置かない生活。買って使って飽きたらすぐに捨てる生活。

  

快適な住まいや空間作りではなく、シンプルな住まいと空間作りを心がけ、贅沢は外(レストランや旅行)というスタイルに変化しました。

世間一般的に考えても「ミニマリスト=貧困層」というイコール関係は決してないと思いますが、ミニマリストになる入り口として、「贅沢をしない暮らし」=「贅沢を捨てざる得ない状況」があったのかもしれません。もちろん、そうでない人も多数いると思いますが。

SNSで自慢するから嫌われる

紹介したブログ記事は、決してミニマリストと貧困を馬鹿にする内容ではありません。しかし、SNSなどでシンプルな暮らしを自慢するミニマリストに「イラっ」とすると言っています。

シンプルに暮らしながらも、それを自慢しない例として「お坊さん」をあげており、お坊さんはむしろ皆に尊敬されているといいます。

だからミニマリストと呼ばれる人達も、わざわざFacebookでシンプルな暮らしを自慢しなくても良いのではないか?自慢するからウザい、自慢するから嫌われる。自慢行為はむしろ貧困層のヒステリーではないか?のような趣旨です。

これに関しては全く同感です。SNSは非常に疲れます。ミニマリスト自慢もそうですし、今日は何食べた、旅行へ行ったなどの贅沢自慢も見ていて非常に疲れます。

有名人でもない限り、SNSでは個人のライフスタイル感については発信しない方が良いのだと思いますし、むしろミニマリストならSNSすらも止めてしまった方が良いと私は思います。