ホリエモン Uターンラッシュを「苦行」 風習とかも「思い込み」

e9480c0b8c049ef11733b8d0485d95d3

以前にホリエモンこと堀江貴文氏の「バカは金の使い方が下手」に関する記事を書きましたが、

やはりこの年末年始も堀江さんはUターンラッシュを「苦行」と言い、

「休暇をずらしたら?」や、お盆や正月しか休みが取れない、

あるいは帰省しなければならないということに対して「思い込みでは?」と言い放っています。

ホリエモンが“苦行”Uターンラッシュに潜む思い込みを指摘「有給ずらせないのはブラック企業」
http://weblog.horiemon.com/100blog/36161/


私も田舎があるタイプの人間なので行事で帰省したりしますが、

仕事柄比較的自由に時間を使えますので、何でもない週末や平日に出かけたりもしています。

そして堀江さんの言う「思い込み」には大賛成です。

お盆やお正月しか休みが取れないというのも、強烈な思い込みだと思います。

堀江さんは有給が取れないのは「ブラック企業」と言っていますが、

残念ながらそういった会社は存在するし、多くの会社にそういった雰囲気があるのも事実です。



全ては思い込み

しかし本当に目を向けなければならないのは、

そういったブラック企業の風習に従わなければならない自分であり、自分の仕事ぶりです。

もし自分自身に実力があれば、そんな会社いつだって辞められますし、

先輩や上司を納得させられるだけの結果を残していれば、文句は言われないはずです。

休みが取れないのではなく、ブラック企業にぶら下がって仕事するしかない自分を憎むべきです。


組織や他人に依存しない仕事や収入が得られる仕組みを作り、

経済的にも精神的にも独立する努力を始めることで、

「全ては思い込みだった」と気がつくのだと思います。