森トラスト新社長に長女の伊達美和子氏

高級外資系ホテルを次々に誘致した華麗なる経歴
不動産大手の森トラストは、現社長の長女である伊達美和子氏が新社長に就任する人事を発表しました。



伊達美和子氏の経歴

森トラスト 伊達美和子氏の経歴
森トラスト、23年ぶり社長交代 現社長の長女が就任へ(産経新聞)

伊達美和子は、森トラスト現社長の森章氏の長女。1994年聖心女子大学文学部卒業。96年慶応義塾大学大学院政策・メディア研究科修了。同年長銀総合研究所に入社。98年森トラストに転じ、2000年取締役。03年常務、08年専務。11年6月に森観光トラスト(現・森トラストホテルズ&リゾーツ)の社長も兼務しています。
(月間BOSS×WizBIZ:http://boss.wizbiz.me/interview/interview1408_01.html


大学卒業後は、家業を継ぐ前にコンサルタント会社のほか、ホテル・ニューオータニで「ホテル関係を経験したい」と思い、企画の仕事に関わった。98年に森ビル開発(現森トラスト)に入社後は、外資系ホテルがまだ少なかった当時、米コンラッドウェスティンマリオットなど高級ホテルの開業に関与し、大型再開発に尽力してきたそうです。
(Bloomberg:https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2015-04-26/–i8z027bn