会社名について考えよう

notes-514998_1280
起業する際に、毎回楽しみでありながら悩みの種でもあるのが会社名です。今日は会社名に関するちょっとした知識をご紹介します。



会社名に使える文字

会社名に使用出来る文字を知りましょう。会社名には一般的に目にする漢字、カタカナ、ひらがなの他に、数字や一部の記号も使うことができます。法務省のサイトでは、以下のように書かれています。

商号の登記に用いることができる符号
(1)ローマ字(大文字及び小文字)
(2)アラビヤ数字
(3) 「&」(アンパサンド)
「’」(アポストロフィー)
「,」(コンマ)
「-」(ハイフン)
「.」(ピリオド)
「・」(中点)

出展:http://www.moj.go.jp/MINJI/minji44.html

例えば、

合同会社ひとりきぎょう
合同会社ヒトリキギョウ
合同会社HITORHI KIGYO
合同会社1人企業
合同会社ヒトリ&キギョウ
合同会社ヒトリ・キギョウ

のようにできます。

また、合同会社を後ろに持って行って、

ひとり企業合同会社

のようにすることも可能です(株式会社の場合も同様です。)

合同会社の略称はどうなる?

株式会社を(株)と略称表記する場合がありますが、合同会社では(同)と書きます。

例:(同)ひとり企業 または ひとり企業(同)

銀行口座を作った場合は、(ド)と書かれる事になります。

例: ド)ヒトリキギョウ または ヒトリキギョウ(ド

会社名はシンプルでわかりやすいものを

会社名をつける時は、とにかくシンプルで分かりやすいものにしましょう。少し変わった社名や表記を考えて印象づけるというトリッキーな手法もありますが、顧客や取引先が記載ミスをしてしまう可能性があります。

  

修正を求める事になれば相手にも迷惑ですし、それだけ手間もかかり時間のロスにもなります。お店で領収書をもらう際にも店員さんに迷惑になります。なるべく記号は使わずに原則として、

カタカナ
ひらがな
漢字
簡単なアルファベット(3文字以内)

をシンプルに使うか、組み合わせるのが無難です。使用したとしても「&」や「・(中黒)」のように一般的にも馴染みの深いものに留めましょう。あくまで顧客目線で考えてあげるとよいでしょう。アルファベットの場合は3文字以内が原則です(例:AKB)。4文字以上になると途端に覚えづらくなります。

必ずググる

いくつか会社名の候補を考えたら必ずググりましょう。シンプルな会社名をおすすめしますが、やはりシンプルな会社名ほど、先に名乗っている人も多いです。検索結果で競合が多い会社名は、差別化になりませんし、顧客サービスにも繋がりません。

造語を作ると競合が少ない

思い切って造語を作ってしまうと競合は一気に少なくなります。ただし、造語は具体的な事業内容が見えにくくなるという欠点もありますが、浸透すればブランドとしては強力です。

具体的なサービス名をつけるか、つけないか

ひとり起業コンサルティング
ひとり起業ラーニング

のように、具体的なサービス名をつけると、会社の事業内容が見えやすくなります。しかし、後に事業を多角化する事も想定して、あえて具体的なサービス名を付けないという考え方もあります。

最後は占いツールも…

面白いもので会社名の占いツールがあります。姓名判断と一緒で画数で会社の運勢を占ってくれます。気になる会社や有名な会社の名前を入れてみるのも面白いです。

⇒社名占い.net

まとめ

・シンプルに(漢字、カタカナ、ひらがな)
・アルファベットを使う場合は3文字以内
・記号を使う場合は「&」または「・」だけ
・必ずググる!

ぜひ参考にしてみて下さい。