ネットで印鑑を注文しよう

会社の設立に向けて、会社名が決まった段階で早速、会社で使う印鑑を注文しましょう。今日はひとり起業で準備しておきたい会社の印鑑についてご紹介します。



ネットで注文が便利

4c538b6368bb051a8baaf46b8b6ef391_m
印鑑と聞くとなんだか重みを感じますが、今はネットで手軽に注文することができます。会社の設立・運営に必要な3本セットを扱っているところも多く、値段も安いところでは7,000円程度からあります。お勧めなのがオフィススクエアさんの「@印鑑」というサービスです。格安な上に納期も早いです。

オフィススクエア「@印鑑」
⇒http://www.at-hanko.com/shop/cset.html

会社設立3本セットの中身

通常、会社の設立3本セットにには、下記の印鑑が含まれています。

AT-C3-AKT-SET-NO
出典:http://www.at-hanko.com/shop/cset/AT-C3-AKT-SET-NO.html

代表者の印

法人の実印となる最重要な印鑑です。契約書の押印にも使います。

銀行印

銀行に届け出る印鑑です。この印鑑があれば預金の入出金ができますが、今は窓口で取り引きすることは稀ですので、口座開設の時くらいしか実際は出番はありません。

角印

会社で発行した正式な文書である事を示すために、社名に被せて押印して使います。見積書や請求書など割と頻繁に使う印鑑です。

実は会社の運営には印鑑は代表者印が一つあれば事足りるのですが、陰影が偽造されたりしないようにリスクを分散する意味でも、このように使い分けるのが普通です。あとは個人の認め印があれば通常の会社運営業務には事足りるでしょう。

納品まで一週間程度の余裕を見ておく

印鑑の発注から納品までの時間ですが、オフィススクエアさんは即日対応してくれますが、中には一週間程度時間がかかる業者もあります。会社名が決まっていれば早めに発注して、その間に定款や他の会社設立書類を準備しましょう。

個人の実印も作成してく

会社設立の際には個人の印鑑証明書が必要になります。と言うことは、個人の実印登録をしていなければなりません。まだ個人で実印登録をしていない人は、この際に個人の実印も制作して役所で実印登録を先に済ませて下さい。

印鑑登録のあれこれ
⇒http://www.jitsuin.jp

その他にもあると便利な印鑑

その他の印鑑としては、住所や会社名、代表者の名前、電話番号などが記載された「ゴム印」もあると便利です。いちいち手書きで住所や名前を書いていては効率が悪いため、手書きの書類や申込書、税務署への提出書類、領収書の会社名の記載など、あらゆる場面に活躍します。住所・会社名・代表者名など場合によって合わせたり分解したりできるユニットタイプのものが良いでしょう。

AT-GM-ADY-624S1
出典:http://www.at-gomin.com/shop/at_gom/AT-GM-KJ-ADY-624S1.html

まとめ

  • ネットで注文すると7,000円程度から会社設立3本セットが作れる。
  • 印鑑は納品までに1週間程度かかる場合も想定して早めに注文しておく。その間に設立書類を準備する。
  • 場合によっては個人の実印や、ゴム印(住所印)なども一緒に作ってしまう。