下請けにならないことが大事

startup-593335_1280
ひとり起業で気をつけなければならないこと、それは下請けにならないという事です。



BtoBは下請けに陥りやすい

ひとり起業でビジネス始める事が多い業態がコンサルやWEB制作などです。これらBtoB業態の業務フローは「営業」→「施行」→「納品」となるのが一般的ですが、ひとり起業の場合は分業ができません。ひとり起業の多くは「施行」の部分に力を注ぎますので、「営業」が疎かになりがちです。

すると営業をしてくれる「誰か」に頼りたくなるときがあります。それは先輩経営者だったり、自身が所属していた大手企業だったり様々です。一見、仕事を振ってくれて「ありがたい」ようにも思いますが、実はここに落とし穴があります。それは下請け状態だからです。

下請けは忙しい

下請けの最大の弱点、それは納期に追われてしまうことです。どんなビジネスにも納期はつきものかと思いますが、下請けの場合は特に厳しいです。ひとり起業の場合は労働力が自分しかいません。自分が風邪をひいて休む事は許されませんし、他の案件と仕事が重なってくるとスケジュール管理も難しくなります。納期が守れないと最悪の場合は損害賠償のリスクがあります。大きなストレスを抱えながら仕事をしなければなりません。




下請けの案件は旨味が少ない

office-594120_1280
そもそも下請けに出される案件は旨味が少ないという傾向もあります。ひとり起業に降りてくる案件は、アルバイトの延長のような単純作業か、納期が厳しい割に報酬が少ないなどの、元請けが投げ出した案件です。単純作業でお金がもらえるなら良いという考えもありますが、あなたの貴重な時間を奪うだけで、特別なノウハウは身につきません。あなたの時間はもっと価値のある事に使うべきです。

下請けは不安定

下請けはとにかく不安定です。今のような年度末は、案件を多く抱えている人は多いのではないでしょうか?年度末納品の仕事が下請けにばら撒かれるからです。仕事が猛烈に舞い込むのは嬉しい事でもありますが、一方で、ぱったりと途絶える時があります。下請けは自分で需給をコントロールできないからです。

ひとり起業こそ下請けにならない

業務の施行ばかりに集中して営業を疎かにすると、誰かから仕事をもらわなければなりません。これが下請けの始まりです。そうならないためにも、自らのプロダクトを持つか、自らの顧客リストを持つかのどちらかが重要です。下請け型と非下請け型のビジネスモデルの具体例はこちら。