ブレイクスルーの瞬間は休息時やリラックス時に多い

今日はブレイクスルーが起こりやすい瞬間と、意図的に作り出す方法についてご紹介します。



ブレイクスルーとは?

考えが一向に正解にたどり着けない。壁にぶつかったり、煮詰まったり、前に進めない状況にあるとき、突然「そうだ!こうすれば良いかも!」と一点突破のアイディアが閃く瞬間があると思います。これがブレイスルーです。

ブレイクスルーは日本語で「突破」「打開」「解明」「進歩」「躍進」などと訳され、ビジネスにおいては突破口を見つけることや、難題を乗り越えて「大きく躍進」する意味で使われます。

ブレイクスルーは仕事だけではなく、勉強、遊び、創作活動、人間関係など、全ての場面で起こります。

ブレイクスルーが起こりやすい瞬間

ブレイクスルーは、真剣に考えを巡らせている時をよりも、少し物事から距離を置いて別の事を考えている時の方が起こりやすいとされます。

休憩時間、移動時間、お風呂に入っている時や寝る直前などのリラックスしている時間にこそ、ふとしたアイディアが思い浮かぶという経験は多いのではないでしょうか?


ブレイクスルーを意図的に操る

仕事で考えが詰まったり、人間関係に悩んでしまうことがあっても、ある一定のところまで考えたらそれ以上は考えるのをやめてしまうのも手です。一旦仕事から離れて別のことをする、シャワーを浴びる、散歩をする、お茶を飲むなどあえて別の作業をすることで、それまで見えなかった解決の糸口を発見できることがあります。

人間関係においても深く考え過ぎない方が精神的に健全ですし、「大丈夫」「気にするな」と自分に言い聞かせて頭を切り替えることで、次のステップに進むことができるようになります。

まとめ

ドラマ「下町ロケット」でも、阿部寛さん演じる主人公の佃航平にブレイクスルーが起こる瞬間は、多くが会社ソファに寝転がっているときや、川原の土手を散歩をしたり物思いにふけっているとき、家族や仲間たちと会話しているときです。

ブレイクスルーを意図的に引き起こすためには、ブレイクスルーが引き起こりやすい瞬間を意図的に作り出すことです。机にかじりついていても解決策は見つかりません。一旦離れてリラックスしてみる。その方がかえって効率的だったりします。