一歩先をゆく行動力を身につけると、人生が変わる

今日は一歩先を行く行動力の重要性と、行動力を身につける方法についてご紹介します。



一歩先を行く行動力とは?

7970033ea775f539b2e470af8646111c_s

一歩先に行く行動力とは、あらゆる物事に対して素早く、能動的に取り組みむ力です。

例えば、夏休みの宿題。課題が配布された当日から取り組み、誰よりも先に終わらせてしまいます。ここで重要なのは、宿題を完璧にこなそうとしないこと。

完璧にこなそうとすると、途中で行き詰まってしまった場合に前に進めなくなってしまうからです。重要なのは終わらせること。一歩先に取り組んだら、一歩先に終わらせます。終わらせた後に、改善を加えていきます。

一歩先に終える努力

仕事においては、例えば新入社員の場合、社員それぞれに能力差なんてありません。まずは一歩先に会社に来て、一歩先に雑用を終わらします。

すると暇していることをいいことに、どんどん新しい仕事を振ってもらえるようになります。すると、時間通りに会社に来てから雑用にとりかかる同期と、明らかに差がつきます。

どんな雑用仕事でも、一歩先に終えてしまうことで新たなチャンスが巡ってくるようになり、いつの間にか仕事ができる人に変化していくのです。

「ブラックな働き方をしよう」と言っているのではありません。一歩先に来て、一歩先に帰るくらいのスタンスで仕事に望むことが重要なのです。

人と情報が集まる

一歩先に行動すると、人と情報が集まるようになります。新商品や新しいお店ができたら、一歩先に体験してみる。すると感想を求めて自分の周りに人が集まります。当然、人が集まれば情報も集まります。

行動力を身につけ応用する

一歩先に行く行動力は、様々なところで応用できます。

  • 一歩先に集合場所に現れる
  • 一歩先に危機を察知する
  • 一歩先に連絡を入れる
  • 一歩先に予約を入れる
  • 一歩先に飲み会を帰る
  • 一歩先に早く寝る
  • 一歩先に早起きして別のことをやる
  • 一歩先に老化に気づき健康に気を使う

まとめ

例えば、年賀状はもう書きましたか?あまり早すぎるのもおかしいですが、一歩先に行動をしている人は、既に終えてしまい余裕の気持ちでクリスマスや年末を過ごすことができます。いつもギリギリの人は、いつも何かに追われ続けます。

先手必勝。些細な事でも、人より一歩先に動き出すだけで、人生が大きく変わります。ぜひ参考にしてみて下さい。