なぜだっけ?宇多田ヒカルの活動休止と再開

宇多田ヒカルさんがアーティスト活動を再開。新曲2曲を披露。それぞれ、NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』主題歌、日本テレビ『NEWS ZERO』のエンディングテーマになるとのことです。

20160402-00000310-oric-000-2-view
宇多田ヒカル、5年ぶり再始動曲初OA 『とと姉ちゃん』主題歌&『NEWS ZERO』テーマ(オリコンスタイル)



なぜだっけ?

しかしなぜ宇多田ヒカルさんは、しばらく休んでいたんでしたっけ?

気になったので調べてみました。

衝撃のデビュー、トップアーティストへ

宇多田ヒカルさんのデビューは1998年。当時15才でJ-POPシーンに彗星のごとく現れ、一躍トップアーティストに。CDは驚異的なセールスを記録。既に90年代に黄金期を築き上げていた小室哲哉氏は、当時を振り返って宇多田ヒカルさんの台頭には、本能的に脅威を感じたと言います。

2度の結婚

2002年9月6日、写真家で映画監督の紀里谷和明と結婚するも、2007年に離婚「仕事などお互いの生活のすれ違い」が理由だそう。紀里谷和明さんと言えば、最近は「しくじり先生」に出演をして話題に。なんであの人と結婚したんでしょうか。。。しかし2014年にバーテンダーであるイタリア人の一般男性と再婚。外国人、しかも一般男性ということで、こちらも話題になりました。




2010年 活動休止を発表

2010年8月9日、同日付の自身のブログで年内をもってアーティスト活動を無期限休止することを発表した。

「この12年間、アーティストとしては色んなことにもチャレンジしたし、少しは成長できたと思います。

でもこれ以上進化するためには、音楽とは別のところで、人として、成長しなければなりません」との思いから「来年から、しばらくの間は派手な『アーティスト活動』を止めて、『人間活動』に専念しようと思います。

新しいことを勉強したり、この広い世界の知らないものごとを見て知って感じて、一個人としての本当の自分と向き合う期間になると思います。

そうだ、人間活動に専念するために休止したのだった!

歌手(藤圭子)の娘として生まれ、15歳からトップアーティスト。彼女が何かする度に莫大な金が動く。常に大人たちに囲まれ、特別な人生歩んできた彼女。そりゃぁ、まともに人間活動などできなかったでしょう。

イタリア人男性との結婚は、まさに人間活動中の出来事だったのですね。

今後の活躍に期待

若くして成功したアーティストの中には、さんざん大人たちの食い物にされた後に、失墜して人生ボロボロになってしまう人もいます。

しかし彼女の場合は活動休止をして自らにブレーキをかけて、人間活動に専念。今回、一回りも二回りも大きくなって帰ってきたのでしょう。これも彼女の人柄であり、才能でしょうか。

アーティスト『宇多田ヒカル』を待ち望んでいた人も多いでしょう。今後の活動に期待です。