胃腸疲れに「大根おろし」高いデトックス効果がおすすめ

37728_0

本日は1月7日。お正月に美味しいものを食べ過ぎ、疲れた胃腸には七草粥を食べて胃腸を休めるという風習があります。しかし私がお勧めする胃腸疲れの撃退方法「大根おろし」です。



高いデトックス効果

大根は「おろす」事によって、大根の細胞が崩れて「イソチオシアネート」という成分ができます。この「イソチオシアネート」こそ大根おろしの辛味の正体なのですが、この「イソチオシアネート」には、抗酸化作用、殺菌作用、解毒作用、老廃物の排出などの効能があり、高いデトックスの効果が期待できます。

炭水化物の消化酵素も豊富

大根おろし自体が、水分と食物成分であり、消化に良い食べ物です。さらに、大根おろしには、デンプン分解消化酵素「ジアスターゼ」が含まれます。このデンプン分解消化酵素は、ご飯、うどんやパスタ、蕎麦、芋などの炭水化物の消化を促進させます。お餅に大根おろしを添えるのは、非常に理にかなった食べ方なのです。


ご飯茶碗一杯の大根おろしを

デトックス効果が高く、消化に良い大根おろし。胃腸疲れ撃退には、ご飯茶碗一杯の大根おろしを食べましょう。冬の大根は甘味があり、お醤油だけで美味しいですが、味が少し物足りないという場合は、「じゃこ」を加えたり、「納豆」を加えたりするのも美味しいです。大根に含まれる酵素やビタミンだけでなく、タンパク質も摂取できて栄養バランスにも優れており、美肌効果も期待できます。

大根おろしは、水分や繊維が豊富で満腹感が得られます。それだけで、他のカロリーの高いものを控えたり、炭水化物の消化を促したりと、非常に高いダイエット効果も期待できます。

まとめ

大根おろしは、熱を加えるとビタミンなどの栄養分が失われてしまうこと、また水分に豊富な酵素が含まれていることから、火を入れず、水分を切らずに食べましょう。

消化促進、デトックス効果、美肌効果、ダイエット効果など、様々な効能が期待できる大根おろし。お正月の疲れた胃腸を休めるにも最適です。ぜひお試し下さい。