【チーズの7つの分類】世界の発酵食品

チーズの分類
とろ~り濃厚、独特のクセと臭いで発酵食品好きのみならず、皆を虜にしてしまうチーズ。今日は代表的なチーズの分類をご紹介します。



ナチュラルチーズとプロセスチーズ

日本で売られているチーズは大きくわけてナチュラルチーズとプロセスチーズに分類されます。

ナチュラルチーズは、牛乳や山羊乳などを原料に発酵・熟成させたものです。原料や熟成方法により風味が変化する自然のままのチーズと言えます。

一方プロセスチーズは、ナチュラルチーズを粉砕したり加熱して作ったものです。日本国内ではベビーチーズやとろけるチーズなどを例にプロセスチーズも主流ですが、反対にヨーロッパではチーズと言えば、ナチュラルチーズの事を言います。

発酵による風味や旨味を味わうなら、ぜひプロセスチーズではなく、ナチュラルチーズを味わいたいものです。

ナチュラルチーズは原料や製法により7種類に分けられる


ナチュラルチーズは原料や製法により、さらに7種類に分けられます。

①フレッシュタイプ

フレッシュチーズ

フレッシュチーズ

熟成させないタイプのチーズです。クセが少なく水分が多く柔らかいタイプです。代表的なチーズとして、モッツァレラやカッテージチーズ等があります。

②ハードタイプ

ハードチーズ

ハードチーズ

チーズの製造行程でプレスを行い、水分量を少なくして数ヶ月熟成させるタイプのチーズです。固く重量感があり深いコクがあります。代表的なハードタイプチーズとして、パルミジャーノ・レッジャーノ等があります。


③セミハードタイプ

セミハードチーズ

セミハードチーズ

こちらも製造行程でプレスを行い、水分量を少なくして熟成させるタイプのチーズです。その名の通りハードタイプよりは水分量が多く少し固めのチーズ。代表的なセミハードタイプチーズにとして、ゴーダチーズやチェダーチーズがあります。

④白カビタイプ

白カビチーズ

白カビチーズ

表面に植えつけた白カビが内側に向かって熟成していくタイプのチーズです。クリーミーでマイルドな口当たりで、比較的クセも少なめです。代表的な白カビチーズとして、カマンベールチーズやブリー・ド・モー等があります。

⑤青カビタイプ

青カビチーズ

青カビチーズ

チーズの内側に青カビを植え付け外側に向かって熟成していくタイプのチーズです。青カビ特有の刺激的な臭いと潮味があります。代表的な青カビチーズとして、ゴルゴンゾーラ、ロックフォール、スティルトン等があります。

⑥ウォッシュタイプ

ウォッシュチーズ

ウォッシュチーズ

熟成過程で外皮を塩水やワイン、ブランデーで洗うタイプのチーズのです。非常に臭いが強く個性的なチーズが多く通向けにチーズです。代表的なウォッシュタイプチーズとして、マロワールやリヴァロ等があります。

⑦シェーブルタイプ

シェーブルチーズ

シェーブルチーズ

シェーブルとはフランス語でヤギのことで、その名の通り山羊の乳から作られるチーズです。山羊乳特有のクセと酸味があり熟成が進むと風味が増します。代表的なシェーブルチーズとして、クロタン・ド・シャヴィニョル等があります。

まとめ

チーズは保存性もあり栄養価も高く、それでいて美味しい、発酵食品の魅力を凝縮したような食べ物です。さらに種類も多く食べ比べも楽しいもの。ぜひ色々なチーズを味わってみて下さい。