しょっつる|日本の発酵食品



秋田の名産「ハタハタ」を使った魚醤

『しょっつる』は、秋田県で作られる魚醤です。しょっつる鍋としても有名な秋田県沖でとれる「ハタハタ」という魚の頭、内臓、尾、を落として、塩漬けにして発酵ささせます。

本来はハタハタを使った魚醤だけを「しょっつる」と呼んでいましたが、最近はより安価なアジやイワシを原料にした魚醤も『しょっつる』として売られていることもあります。本来の「しょっつる」はハタハタの旨味成分が凝縮されていて、とてもおすすめです。

料理への使い方

お鍋のスープや煮込み料理、炒め物の隠し味に使うと、うま味が加わり料理が引き立ちます。