すぐき漬けの健康効果|日本の発酵食品



豊富な植物性乳酸菌

「すぐき漬け」は、京都の上賀茂地域で作られるカブの一種である「すぐき」を使ったお漬け物です。

近年の多くの漬け物が味付けした調味料に野菜を浸した無発酵タイプの漬け物が多い中で、すぐき漬けは伝統的に塩だけで漬け込み、乳酸発酵させて作る伝統製法が守られています。京都の漬け物屋さんには、すぐき漬け専用の室(むろ)があるほどです。


昔ながらの伝統製法で作られるすぐき漬けには、たっぷりの乳酸菌が含まれています。特にこの乳酸菌は植物性乳酸菌と呼ばれ、ヨーグルトなどに含まれる動物性の乳酸菌に比べいきて腸まで届きやすいことで知られています。腸内環境の改善を考えたい場合に、非常に高い健康効果があります。

細かく刻んで、醤油や七味唐辛子とともに

薄くスライスして食べても美味しいですが、細かく刻んで食べるのが一般的です。乳酸菌発酵させて作られているので、酸味のある味わいが特徴です。そのため、味付け調味料に浸したお漬け物に比べて、少し物足りない味と思う人もいるかもしれません。その場合は、刻んだすぐきに胡麻や唐辛子を混ぜて、少し醤油を垂らして食べると美味しく味わえます。