すんき漬けの健康効果|日本の発酵食品



無塩発酵のお漬物

すんき漬けは、長野県木曽地方で作られる「無塩発酵」により作られるお漬物です。




京都のすぐき漬けと似ていますが、こちらは塩を使わずに乳酸菌発酵させる無塩発酵で作られます。山国である長野県は、昔は塩が貴重だったことから、この製法で作られていたとも言われています。その独特の製法は世界でも類を見ません。原料には「すんき」と呼ばれる茎の赤いカブの一種を使います。

塩分を気にする人に最適

すんき漬けは塩を使わない為、乳酸菌による独特の酸味が強くあります。少し味が足りないという人は、お醤油や七味唐辛子をかけて食べても美味しく味わえます。乳酸菌たっぷりのお漬物を食べたいけど、塩分が気になるという人には、そのまま食べれば最高のお漬物です。