かぶら寿司|日本の発酵食品


かぶらずしは、石川県を代表する発酵食品で、魚介にこ米飯を混ぜて重石をし、乳酸菌や麹菌などの微生物で長期発酵させて作る「なれ寿司」の一種です。


薄く切ったかぶらに寒ブリを挟み、塩と麹で10日ほど漬け込んで作ります。カブと麹の甘み、ブリの旨味が合わさって発酵食品が苦手な人でも食べやすい一品です。