イカの塩辛|日本の発酵食品


塩辛(しおから)は、魚介類の内蔵や筋肉を塩で漬け込んだ日本の発酵食品です。

最も有名なのは「イカの塩辛」。高濃度の塩で漬け込むことで腐敗を防止するとともに、発酵の力でアミノ酸由来のうま味成分が創りだされる発酵食品の典型です。ご飯のおかずや、お酒の肴としても大変人気があります。