甘いもの好きに共通する体調不良は腸内の悪玉菌が原因?

cookie-547636_640
風邪をひきやすい、体調が優れない、アレルギー体質。そんな悩みを持つ人の中には、甘いもの好きな人が多かったりします。甘いもの好きを自覚している人の中では、冷え性、花粉症、アトピー、肌荒れ、にきび等に悩んでいる人も多いのではないでしょうか?



甘いもの好きは腸が弱い?

人間の腸内では様々な「菌」が活動しているのはご存知でしょうか?大きく分けて「善玉菌」と「悪玉菌」に分けられます。腸内でこの悪玉菌が蔓延すると、腸内を傷つけてしまい、それが肌荒れやアレルギーの原因となってしまう場合があります。そして、この悪玉菌は「甘いもの」が大好きなのです。

善玉菌を増やそう

腸内で悪玉菌を増やさないようにするためには、餌をなる甘いものを与えないのはもちろん、反対勢力となる「善玉菌」に元気に活動をしてもらうようにします。


乳酸菌をとる

善玉菌の代表格として知られているのが「乳酸菌」です。乳酸菌はヨーグルトや自然発酵したお漬物などに豊富に含まれています。甘いものを止めて、毎日の食生活に乳酸菌を加えましょう。

食物繊維をとる

乳酸菌の餌となるのが、食物繊維です。食物繊維は野菜に多く含まれています。一方でお肉や魚などには食物繊維は含まれていません。お米の場合でも、白米には食物繊維が含まれておりませんが、玄米の状態であれば食物繊維も豊富です。まずは玄米ご飯や野菜中心の食生活に転換しましょう。

オリゴ糖をとる

糖分の中でも、オリゴ糖は食物繊維と共に乳酸菌の餌となります。どうしても甘いものが止められないという人は、白砂糖を使わない代わりに、オリゴ糖が多く含まれる「てんさい糖」を使う事をお勧めします。ヨーグルトに少量のてんさい糖をかけて食べるなどがお勧めです。