糖質の宝庫 コンビニには立ち寄らない

糖質の宝庫のコンビニには入らない
ついつい便利で立ち寄ってしまうコンビニ。私も昔は仕事の休憩時間や自宅に帰る前などに、必ずと言って良い程コンビニに立ち寄る習慣がありました。特に用事もないのにコンビニに入っては何かを買ってしまいます。

しかしコンビニは糖質制限や甘いもの断ちをする人間にとって存在は非常に厄介な存在でもあります。なぜならコンビニに売られているものには砂糖や糖質がたっぷり。糖質が含まれていないものを探すのが難しいくらいです。

例として

・コンビニデザート
・スナック菓子
・チョコレート菓子
・アイスクリーム
・甘い缶コーヒー
・清涼飲料水
・お弁当、おにぎり
・菓子パン

最近はセブンイレブンではドーナツまで売っています。

せっかく糖質制限や甘いもの断ちに取り組んでいても、コンビニで買い物をする事=糖質が多量に含まれてれている食品に手を伸ばしてしまう、という可能性があります。

そこで、重要なことは、まずはコンビニに入る習慣をやめることです。

コンビニはどこにでも立地していて、陳列もわかりやすく、新商品の入荷も早く、消費者のトレンドもわかって面白いです。特に欲しいものがなくても、その利便性と安心感で、ついつい立ち寄ってしまう中毒性があります。

しかし、一度立ち寄ったが最後…糖質や甘いものの誘惑と戦わなければなりません。でしたら最初からコンビニに入る事自体を意識してやめてみましょう。

甘いもの断ち以外にも様々なメリット

また、コンビニに立ち寄らなくなることで、甘いもの断ち以外にも様々な良いことがあります。

・無駄な買い食いがなくなる
・間食がなくなる
・スーパーなどで食材を選ぶようになる(良いものを安く)
・自炊をするようになる
・お茶なども水筒で持つようになる
・買い物に計画性が増す
・お金が減らない

甘いものを避けるだけでなく、食生活や生活習慣自体が変化し、お金も減らなくなる。まさに良いことだらけです。

「まずはコンビニ入らない。」

ぜひ実践してみてください!