【ぐじのアラのお味噌汁】おばんざいレシピ

京都では甘鯛のことを「ぐじ」と呼びます。今回はぐじのアラを使ったおばんざいレシピを集めてご紹介します。



今日のおばんざいレシピ

若狭ぐじのあらのおみそ汁♪
若狭ぐじのあらのおみそ汁♪

料理名:若狭ぐじのあらのおみそ汁
作者:帰って来たVAN

■材料(1人分)
若狭ぐじの昆布締めのあら / 1尾分
細ネギ / 1本
もずく / 50cc
水 / 300cc
酒 / 大さじ1
和風だしの素 / 小さじ1/3
味噌 / 大さじ1と1/2

■レシピを考えた人のコメント
あらのみそ汁。

詳細を楽天レシピで見る

■作り方
①細ねぎは小口切りにする。もずくは水でサッと洗って水けを切る。

②鍋に水を入れて中火にかけ、沸騰したら酒とぐじのあらを入れる。

③再び沸騰したらアクをすくい取り、もずくと和風だしの素を加える。

④再び沸騰したら弱火にして味噌を溶き入れ、フツフツしてきたら細ネギを加えて火を止める。

アレンジレシピ

Cpicon 超簡単★鯛のあら煮★ by kenta187

まとめ

美味しそうですね。昔、海が遠かった京都では、若狭から入ってくる「ぐじ」を祝い膳などの「ハレの日」の食材として珍重してきました。普段のおばんざいには、アラをうまく使います。魚のアラはスーパーでも比較的安く入手できますので、ぜひお試し下さい。