⑥キャッシングとカードローンの違いは?

⑥キャッシングとカードローンの違いは?
手軽に簡単に即日融資を受けることができることで利用者する人が多いのが、「カードキャッシング」と「銀行カードローン」です。



カードキャッシングとは

カードキャッシングはクレジットカード会社によって行われる融資で、銀行ATMやコンビニATMにクレジットカードを挿入して、現金を引き出すことができます。ただし、あくまで融資なので支払い時(返済時)には利息を含めて支払うことになります。支払いは、翌月一括払いと、毎月決まった金額を分割して支払う「リボ払い」から選ぶことができます。

カードキャッシングの利用には、事前にクレジットカード会社でキャッシング枠の設定が必要です。収入証明書(給与明細や確定申告書)を提出することにより、最大年収の1/3までのキャッシング枠を設定してもらうことが可能です。

銀行カードローンとは

銀行カードローンは、銀行が窓口となって行われるスピード融資です。実際の融資はアコムやアイフルなどの消費者金融が行っており、メガバンクをはじめとする各銀行がこれら消費者金融と提携することによりサービスを提供しています。

銀行のキャッシュカードを持っていれば収入証明書不要で即日融資を受けることができ、支払い利息には、消費者金融が定めた金利が適応されます。銀行カードローンは、その手軽さ故に近年利用者が増加している融資であり、中には多重債務に陥ってしまう事例も多いとされます。ご利用は計画的に、十分に注意が必要です。