⑧自己破産してもクレジットカードは作れる?

自己破産してもクレジットカードは作れる?
自己破産をしてしまうと、基本的にはクレジットカードは作れなくなります。

自己破産は、これまでの借金を法的にチャラにできる制度ですが、一度自己破産をしてしまうと、信用情報に傷がつきます。これまでのカード利用ができなくなるのはもちろん、新規に住宅ローンの申し込みや、クレジットカードを作ることができなくなります。

銀行などの金融機関では信用情報データを共有しています。自己破産をすると、このデータベースで「ブラックリスト」入りしてしまうことになります。その情報は金融機関(銀行など)や信販会社(クレジットカード会社)、税務署などでも共有されます。

  


自己破産者でもカードを作れる場合

しかし、信用情報データの保存は5年間までと決まっており、5年間を過ぎればブラックリストから削除されることになります。従って、5年以上を経過すればカード作ることも可能と言われていますが、実際には審査で弾かれてしまう事例もあるそうです。

ただ、国内系の信販会社では難しくとも、アメックスなどの国際系のカード会社では、現在の収入や資産状況の審査により、カードを発行してくれるところもあるようです。

過去に自己破産をしてしまった人でも、後に事業で成功して再起する人は実際に多くいます。