④プラチナカードの審査基準・必要年収は?

アメックス・プラチナカード

プラチナカードは、ゴールドカードより上位ランクに位置するクレジットカードです。

新規で申し込むことはできず、カード会社からの招待状(インビテイション)を持って入会することができます。従って、まずは該当カード会社のゴールドカード会員となって、利用実績を磨くことが重要です。



審査基準は?

入会審査の基準はカードの利用実績によります。年収などの明確は基準は無いとされますが、概ね下記のような基準を満たしていると、招待を受けやすいといいます。

  • 年齢30歳上
  • 安定した収入(年収800万円程度)
  • キャッシングなどのローン残高無し

ゴールカードと同様に、住宅ローンに関しては残高があっても実績そのものがプラス評価されます。しかしプラチナカードは、収入や資産以上にカードの利用実績が重要です。毎月それなりの金額をカードで決済し、滞り無く支払いを続けることで、着々と実績を作ることが重要です。

  

専用コンシェルジュデスク

プラチナ以上の会員になると、カード会社の専用コンシェルジュデスクを利用することができるのも、その魅力の一つです。コンシェルジュデスクは、電話一本でホテルやレストランの予約等を代行してくれる、まるで私設秘書を雇っているような便利なサービスです。

ホテル予約では、提携する高級ホテルを中心に割りとリーズナブルな価格で部屋を用意してくれる他、レストランでは予約が取りづらいお店でも、カード会員向けに用意された席を割り当ててくれることもあります。海外のホテル予約や交通手配などにおいても真価を発揮します。

近年はホテル予約やレストラン予約でも便利なサービスがありますが、ネットで探すのが面倒くさい、あるいは忙しい人にとっては、電話一本であれこれ注文を聞いてくれるコンシェルジュデスクは便利な存在です。

代表的なプラチナカードは?

プラチナカードの代表格は、やはりアメックスのプラチナカードです。

年会費は13万円(税別)と高めですが、コンシェルジュデスクの質を考えると、決して高くないとも言われます。

その他のカード会社でも、プラチナカード会員向けにコンシェルジュデスクを用意するなどしていますが、やはりアメックスのコンシェルジュデスクの評判が高いようです。