⑤ブラックカードの審査基準・必要年収は?

american-express-black-card-amex-1024x768
ブラックカードは、クレジットカードランクの中でも最高位に位置するカードです。

入会はプラチナカードと同じく完全招待制となっており、またその敷居も大変高いと言われています。



ブラックカードとは?

元々保有者が少ないことから、その存在は長く”噂”レベルとして語られてきましたが、近年のようなインターネット社会になり、その存在が確かなものとして確認され、限らた人だけが保有することができる最高位のカードとして、一般にも認識されるようになりました。

たまにこのカードの凄さを表現する言葉として、「戦車も買える」、あるいは「電話一本で飛行機もチャーターできる」と表現されます。

つまり、実質的に利用金額に上限が設定されておらず、数千万円だろうが数億円の買い物をしたとしても、翌月に問題なく口座から引き落としができる人だけが、このカードを保有することができるということです。

入会の審査基準は?

招待制であり、またプラチナカードに比べても極端に所有者が少ないことから、年収や資産状況などの審査基準は謎に包まれています。

ただ、やはりプラチナカードと同様に、カードの利用実績が最も大事で、数百万、数千万の買い物をカードで続けていくことで、やがて招待が届くと言われます。

本物の”ブラック”「アメックス・センチュリオンカード」

ブラックカードの代表格として知られているのが、アメリカン・エクスプレス社のブラックこと「アメックス・センチュリオンカード」。


その他、VISAブランドで発行するカードでは「infiniteカード」masterブランドで発行するカードでは「ワールドマスターカード」、アメックス同様に審査基準が難しいとされるダイナースでもブラックカードが存在します。

その他、カード会社によっては黒い絵柄の上位カードを「ブラックカード」として発行している場合がありますが、実質的にはゴールドカードの上位クラスだったりするため、アメックスでいう「プラチナ」クラスと考えることもできます。

アメックスのブラックこと「センチュリオンカード」は、年会費も35万円と他と比べてもかなり高額です。やはり本物のブラックカードとしての格があり、もちろん専用のコンシェルジュサービスも付帯されています。

チタン製のブラックカード

アメックスセンチュリオンチタン
「アメックス・センチュリオン」の中には、チタン素材でできた特別仕様のカードがあることもわかっています。

ただあくまでこれは「チタン製デザインのカード」ということで、特にグレードの高さや、付帯サービスに違いがあるものでもなく、希望すれば作ってもらえるようです。


ただやはり価格は高額。資産数百億と言われる著名な投資家cisさんが、アメックス・センチュリオンのチタン仕様の招待が届いたことをTwitterで報告し、初年度価格が90万(税別)だったことを明らかにしています。