【発表時間は?】(2017年1月)日銀政策決定会合・黒田総裁の記者会見(1/30〜1/31)

日銀黒田総裁記者会見

  • 今週の為替市場では、1/30(月)〜31日(火)にかけて、日銀金融政策決定会合が予定されている。
  • 中央銀行の政策決定会合は為替市場が注目するイベント。マイナス金利導入からちょうど1年。今回は「経済・物価情勢の展望(基本的見解)」にも注目。
  • 政策発表は会合2日目(1/31(火))の昼前後に予定。総裁会見は15時30分頃〜インターネットライブ中継も視聴可能。


2017年最初の日銀政策決定会合

今週の為替市場では、1月30日(月)〜1月31日(火)に、日銀の金融政策決定会合が予定されています。今回の会合は2017年最初の金融政策決定会合であり、マイナス金利導入からちょうど1年目に当たります。

日銀政策決定会合とは?
日本銀行による、日本の金融政策を決定する会議。政策金利や資金供給量などについて重要な決定が行われる。為替市場が大きく動く可能性があり、マーケット関係者も注目するイベント。

日銀政策発表・黒田総裁記者会見の時間帯は?

政策発表は2日間行われる会合終了後直ちに(お昼頃)、黒田総裁の記者会見は2日目の15時頃〜なされています。

日銀の発表時間

政策概要発表時間 会合終了後直ちに。(1/31(火)昼頃)
日銀黒田総裁の会見時間 政策概要発表後、1/31(火)15時半頃〜を予定。

尚、直近の政策発表時間帯は下記の通りです。

2016年9月21日 長短金利操作付き量的・質的金融緩和(13時18分)
2016年1月29日    マイナス金利付き量的・質的金融緩和(12時38分)
2016年3月15日    現状維持(12時35分)
2016年4月28日    現状維持(12時1分)
2016年6月16日    現状維持(11時45分)
2016年7月29日    金融緩和強化(12時44分)
2016年9月21日  長短金利操作付き量的・質的金融緩和(13時18分)
2016年11月1日  現状維持(11時55分)
2016年12月20日  現状維持(11時52分)


参考<FX>日銀金融政策決定会合 2016日程・発表時間一覧/ドル円研究所・為替予想

マイナス金利導入から1年

今回の会合は、昨年の1月の金融政策決定会合でマイナス金利政策を導入してからちょうど1年に当たります。昨年1年を振り返ると、年初から世界経済の減速懸念やドイツ銀行の経営悪化問題などが重なり、リスクオフとしての円高が急激に進んだ傾向がありました。

マイナス金利の導入については、その政策内容から直接的な円高要因になったとは言えませんが、マーケットが円高・株安に触れた時期と奇しくも重なります。また、主に「銀行の収益を悪化させる」などの副作用についても議論されてきました。

「経済・物価情勢の展望」に注目

金融政策の基本姿勢については、昨年9月の「イールドカーブコントロール」の導入後から日が浅い事から、今回の政策決定会合では特に大きな動きがないとの見方がほとんです。ただし、今回の政策決定会合の後には隔回の会合で示される「経済・物価情勢の展望(基本的見解)」の公表があります。果たして、目標とされている「2%のインフレ目標」に対して、どのような見解が示されるか注目されます。

黒田総裁の記者会見・中継動画

黒田総裁の記者会見の様子は、インターネットにおいても動画中継を視聴することができます。下記のページから視聴が可能です。会見は15:30〜予定されています。

追記:記者会見中継録画