プチ断食で乳がん再発リスクが低下?米大学の研究発表

初期の乳がんと診断された女性は、毎晩13時間以上食事を控えれば腫瘍が再発するリスクを下げられる可能性があるとする研究論文が、米大学の研究者らにより、3月31日発表されたとのことです。

  

48026_1351_68f73784_58b0aa24
夜間の長時間絶食、乳がんの再発リスクを下げる可能性 米研究(【翻訳編集】AFPBB News)
http://news.livedoor.com/article/detail/11364831/

日本においても1日1食や1日2食にて意図的に胃腸を休める時間を作るプチ断食を健康習慣として実践する人がいますが、癌の再発リスク低下ということで今後益々注目されそうです。

あわせて読みたい

あわせて読みたい

関連記事

関連記事

新着記事