【動画】小沢一郎が古市憲寿にブチ切れ!ネット党首討論で放送事故「再婚相手見つかりました?」

6月19日にニコニコ生放送およびAbemaFRESH!で放送された「ネット党首討論」において、

生活の党と山本太郎となかまたち代表の小沢一郎が、司会を務めた若手社会学者の古市憲寿に対しブチ切れるという場面がありました。



再婚相手は見つかりました?

ネット党首討論で放送事故
問題のシーンは、討論の前半。経済問題をテーマに各党の代表が活発に討論する中で全く発言を行わない小沢一郎に対し、司会の古市が発言を促した上で「再婚相手は見つかりました?」と問いかけた場面。

小沢は「はぁ?」という表情を見せて一瞬黙った後に「それは今日のテーマですか?興味でそういう事を聞くもんじゃない。」と一喝。首を傾げるなど明らかに不機嫌な様子。

ネット党首討論で小沢一郎が激怒

その後、古市は「先ほどは小沢代表に対し失礼な発言をしました。発言を撤回して心よりお詫び申し上げます。」と謝罪したものの、実はスタッフから渡された原稿を棒読みしただけ。直前に「この通りに読めばいいの?」とわざと聞こえる声で確認するなど、全く反省していない様子。

同じく司会を務めた馬場典子アナウンサーが「お詫びになっていませんでしたが…」とフォローしようとすると、古市は「公約だけなら読めばわかる。人間性を知りたかった。」と言い訳。しかし、これが火に油を注ぐ形に。小沢は「党首討論で聞くことではない。お詫びするならお詫びらしくしなさい。」と再び激怒。

その後も明らかに不機嫌な様子で、討論にはほとんど加わってこない小沢。古市も遠慮をしてか、小沢に発言を促すこと無くそのまま終了。

ネット討論を盛り上げたかった?

恐らく古市さんは、若い視聴者が多いであろうネット党首討論を盛り上げたかったのでしょう。今回の選挙から18歳以上に選挙権が与えられるので尚更です。お固い政治のお話ではなく、人間的な親しみやすさを引き出したかったのかもしれません。

しかし、その軽さが小沢一郎を激怒させてしまうことになりました。

古市さんと言えば、歯に衣着せぬ物言いでテレビにも多く出演していますが、炎上発言が多いことでも知られます。一方で、ズバズバと発言する割には心はチキン(臆病)とも言われます。番組終了後、すぐに謝罪に伺ったのではないでしょうか。

問題の動画はこちら

最初の激怒(58分20秒頃〜)
2回目の激怒(1時間19分30秒頃〜)