【参院選2016】青山繁晴が出馬表明!自民党が擁立・比例代表で(記者会見動画)

政治・経済に関するコメンテーターとしてテレビ等でも活躍している青山繁晴さん(独立総合研究所 社長)が、2016年の参議院選挙に出馬する意向を表明。

本日、大阪市内で記者会見が行われました。



記者会見動画

出馬表明の概要

青山繁晴とは? 民間シンクタンク「独立総合研究所」社長、近畿大学客員教授。元共同通信の記者、三菱総研研究員。本人曰く「危機管理の専門家」。
自民党・比例代表から出馬 自民党が擁立。選挙区ではなく比例代表から出馬を表明。
昔から何度も打診があった 記者時代から何度か打診があった。その度お断りしてきた。今月12日に安倍総理から電話で出馬要請があった。
1期しかやらない 最大で1期6年しかやらない意向。政治は本来ボランティア。政治を職業にしたくない。
政治献金は受け取らない 個人、団体からも献金は一切受け取らない方針。

出馬の動機・理由

北朝鮮拉致問題 北朝鮮拉致被害者の家族が高齢化していること。被害者の一人である有本恵子さんのお母さんが90歳になり入院した。尚、青山は有本恵子さんと同じ幼稚園出身。
領土問題 沖縄県、島根県、北海道、小笠原諸島で領土が脅かされている。

決心(公式サイトより)

みなさん、ずっと一緒に考えてきましたね。ついに一緒に立つときが来ました。たったひとつの日本で分かれて争うことを克服し、これまでの利権も私利私欲もみな超えて、ジャパンオリジナルの民主主義の国造りを一緒にやりましょう。

1期しかやりません。悪しき職業政治家にならないためです。

政治献金は個人・企業団体を問わず1円たりとも受け取りません。「政治はボランティアだ」という始まりにしたいからです。

経済のタブーを破ります。農業の輸出産業への大転換、日本にはできないはずだった資源産業の勃興、それらを通じて日本とアジアの経済新生を志します。

安全保障・外交のタブーを破ります。拉致被害者の生還、竹島と北方領土の回復、尖閣諸島の防衛を、一新した手法で実行します。

青山繁晴 公式サイト

出演予定のテレビ・ラジオをキャンセル

既に青山さんは、今週から出演予定のテレビやラジオ番組をキャンセルしているとのこと。個人的には青山さんの出演番組はよくチェックしていたので少し寂しい気持ちもします。(選挙期間が終われば番組には復帰する意向とのことです。)

尚、最近は新刊(ぶっとい新書で通称「ぶとしん」)を出版されています。